Karie - イベントフライヤーやポスターの制作

menu

イベントフライヤーやポスターの制作まとめ!デザインや予算、印刷について

イベントフライヤーやポスターを制作するとき、あなたはどんな方法で作ろうと考えるでしょう。
イベントフライヤーやポスターの制作方法は自分で作る、または制作会社に依頼してデザインを作ってもらうことが可能です。
そこで、イベントフライヤーやポスター等を制作する方法やデザイン、予算などについて見ていきましょう。

▼ 目次

イベントフライヤーやポスターを制作する方法

イベントフライヤーやポスターを制作するには、自分で作る方法と制作会社にデザインから印刷までを依頼する方法の2つがあります。
どちらかを選ぶかによって、イベントフライヤーやポスターの制作の仕方が変わってくるので、まずはどちらの方法でイベントフライヤーやポスターを制作するかを考えましょう。

自分でイベントフライヤーやポスターを作るときのデザインについて

自分でイベントフラーヤーやポスターを制作することを決めた場合、大半の人がコストを削減させたいと考えたはずです。
もちろん、イベントフライヤーやポスター等は自分で作成をしたほうが安く制作できます。
しかし、自分でイベントフライヤーを制作したとしても、集客率がアップするかどうかは分かりません。
自分でイベントフライヤーを制作するときはデザインに力を入れて、人の目を引くようなデザインのイベントフライヤーを作るようにしましょう。
最近では、パソコンはもちろん、携帯電話のスマホからイベントフライヤーやポスターを制作出来ます。
初めての人でも簡単に操作してイベントフライヤーやポスターを制作できるので、今までに自分で作ったことがない人でも簡単にイベントフライヤーやポスター等が作れるでしょう。

イベントフライヤー デザイン の印刷と依頼について

イベントフライヤーやポスターを制作会社に依頼する

イベントフライヤーやポスターを自分で作れない、効果のあるものを作りたいというのであれば制作会社に依頼して制作してもらうのがおすすめです。
イベントフライヤーやポスターを制作してもらうとき、どうしても費用や予算を気にしてしまうと思います。
しかし、費用や予算を削りすぎてしまうと、「自分で作ったほうが良かったかも」と思ってしまう仕上がりになることもあるので注意しましょう。
イベントフライヤーやポスターを制作するときは時間がかかるものなのですが、安さだけで選んでしまうと失敗する可能性が高くなります。
手間のかかったイベントフライヤーやポスターを制作してもらえれば、その反響も大きくなり集客率がアップするものを制作できると考えられます。

予算を抑えて効果のあるもの作るときのポイント

イベントフライヤーやポスター等を制作会社に依頼して制作してもらうとき、予算を抑えるポイントは何なのでしょうか。
まず1つ目はフリーランスのデザイナーに依頼をして、デザインを制作してもらうのがおすすめです。
2つ目は、イベントフライヤーやポスターを貼る場所、配布場所を人目のつくところにするのがおすすめです。
この2つがクリアできれば、予算を抑えつつも効果のあるイベントフライヤーやポスターを作成でき、集客率をアップさせることが出来るでしょう。

イベントフライヤーやポスターを印刷してもらうとき

イベントフライヤーやポスターを印刷してもらうとき、どんなことが気になるでしょう。

  • 印刷は1枚からでもOKなのか
  • 印刷する前に印刷イメージを確認することは出来るか

最近では、1枚からイベントフライヤーやポスターを印刷してもらえるところが多くなっています。
よって、少量の枚数から大量のイベントフライヤーやポスターを印刷してもらうことが可能になりました。
自分が欲しいだけの枚数を印刷してもらえることにより、予算を抑えながら効果のあるものを作りやすくなりました。
また、制作会社によっては印刷イメージをサンプルとして、無料で配布してくれるところもあり、よりイベントフライヤーやポスターのイメージが湧きやすくなりました。
これにより、印刷した後に「何だか色合いが悪い気がする」といった問題も解決でき、依頼した側がもっとも納得するイベントフライヤーやポスターを作れるようになりました。

イベントポスターの作成 はこちらから

紙の種類と用紙の厚さについて

印刷サンプルを無料で配布してもらったとき、どの用紙で作成するのかを考えなければなりません。
印刷イメージを確認して自分の目で確認して用紙を決めるのもいいのですが、イベントフライヤーやポスターで主に使われている用紙はコート紙(90kg)や上質紙です。
コート紙の場合は写真やイラストの多いイベントフライヤーやポスターに向いていて、上質紙の場合は写真向きではなく文字だけのイベントフライヤーやポスター向きです。
デザインにこだわってイベントフライヤーやポスターを制作したいという場合は、特殊紙を使って印刷してもらうのもおすすめですよ。
用紙の種類によって大きなインパクトを与えられるイベントフライヤーやポスターを制作できるので、いろんな方法を考えてどの方法で作るのがベストなのかを検討してみましょう。